WING WordPress プラグイン

iframe対応!SEOを配慮した遅延読込WordPressプラグイン「LasyLoadSEO」

SEOを配慮した遅延読込プラグインです。

通常のLazyLoadでは画像がスクロールされるまで表示されないため、Googleのロボットには「画像が無い」と判断されています。このプラグインでは<noscript>を付与することで遅延読込を行いつつ、画像の有無も認識させることができます。

また、iframeにも対応しているため多数のYouTube動画を貼り付けている記事などにも効果的です。

アザらん
LasyLoad(遅延読込)はサイト表示速度の改善に効果があるとして人気なんだけど、Googleには「画像がない」とみなされてしまうんだよね
シカ子
それを解決したのがこの「LasyLoadSEO」よ。iframeも対応だからYoutube動画を貼り付けているサイトにも効果的ね!

メモ

「LasyLoad」は通常、最初にまとめて読み込まれる画像を、”スクロールして画像が表示される位置になってから読み込む”ことで最初の表示速度改善を期待する仕組みです。

Lazy Load画像をSEO対応させる2つの方法――noscriptと構造化データ #io18 #io18jp | 海外SEO情報ブログ
Lazy Load画像をSEO対応させる2つの方法――noscriptと構造化データ #io18 #io18jp | 海外SEO情報ブログ

※2018年6月現在の仕様です

プラグインの使い方と注意事項

インストール

ダウンロードした「st_lazyload_seo_file.zip」を一度だけ解凍して、中の「st-lazy-load.zip」をZipファイルのままWordPressの「プラグイン」>「新規追加」よりアップロードして有効化して下さい。

テーマ設定

プラグインは有効化しただけでは動きません。
テーマにて設定を行います。

「テーマ管理」>「その他」の演出エリアに「遅延読み込み」の項目が追加されます。

「遅延読み込みする」にチェックを入れて対象を選択の上、保存を押して下さい。デフォルトは「画像とiframeを遅延読み込みする」です。

ダウンロードページ

-WING, WordPress, プラグイン

Copyright© AFFINGER(WING) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.