お知らせ

超カスタマイズ用子テーマ「影武者」を配布開始致しました

投稿日:

超カスタマイズ用子テーマ「影武者(KAGEMUSHA)β」を配布開始致しました。

「影武者(KAGEMUSHA)」はAFFINGER4及びSTINGER PRO専用のカスタマイズ用子テーマです。テーマ管理やカスタマイザーの値も上書きできるので完全オリジナルで再現性の高い子テーマを作成できます。

ステ子
当子テーマにて作成したオリジナル子テーマをAFFINGERやSTINGER PROのアフィリエイト特典として利用頂いても構いません。ご報告頂ければ専用子テーマ配布サイトとして紹介致します。 詳しくはコチラ

超カスタマイズ用子テーマ「影武者」について

AFFINGER4及びSTINGER PROのデザインやレイアウトは主に

  1. テーマ管理
  2. カスタマイザー(st-themecss.php)
  3. style.css

の3つで管理されています。

「影武者(KAGEMUSHA)」では、この3つをfunctions.php及びCSSにて上書き修正が可能となっています。

「影武者(KAGEMUSHA)」のファイル構成

主なファイルは

  1. functions.php
  2. style.css
  3. single-type1.php
  4. single-type2.php

の4つとなっており、それに付随する形でheader.phpなどの各パーツファイルが付属しています。

single-type2.phpはテーマ管理でカテゴリによって使い分ける際の専用ファイルです

funcitons.phpの説明

上から順に説明します

st-kanricss.phpの停止

/*
* st-kanricss.php を削除
*/
function child_remove_kanricss() {
remove_action( 'wp_enqueue_scripts', 'load_stylesheet2' );
}
//コメントアウト削除でレイアウト等を制御しているst-kanricssを停止します
//add_action( 'after_setup_theme', 'child_remove_kanricss' );

テーマ管理の一部のCSS(サイドバーの左右を決めるレイアウトなど)はst-kanricss.phpにて管理しています。このCSSの読みこみを停止する場合は

//add_action( 'after_setup_theme', 'child_remove_kanricss' );

にある先頭の「//」を削除して有効化して下さい。

基本事項

PHPのコードは先頭にある「//」を外すと有効化、付けると無効化という仕組みがあります。(コメントアウト)

テーマ管理の上書き

各テーマにはそれぞれ「AFFINGER4管理」「STINGER PRO管理」の設定画面が用意されており、そこにチェックなどの値を入れて保存することで有効化されます。

この「値」をfunctions.phpで上書きすることでデザインやテーマを固定します。

ここで有効化した項目はテーマ管理では変更できなくなります

//add_filter( 'option_st-data1', function () { return ''; } ); //オリジナルテーマカスタマイザーを使用させない

「オリジナルテーマカスタマイザーを使用させない」をコメントアウトするとユーザーはテーマ独自のカスタマイザーを使用できなくなります。

以下で紹介するカスタマイザーの上書きも使用できなくなるので「全てstyle.cssでデザイン」したい場合のみ有効化して下さい。

//add_filter( 'option_st-data49', function () { return ''; } ); //英数字のGoogleフォントなど(ptsans,josefin,julius,montserrat,meddon,lobster,pacifico,bilbo,fredericka)

チェックボックスの値は「yes」のみですが、別の値を入力する必要がある設定もあります。

その場合はコメントの最後にメモをしてあります。

カスタマイザーの上書き

カスタマイザーではカラーの値やレイアウトを変更できます。

基本色の決定

テーマ管理で選択するカラーの基本色です。任意のカラーに変更することができます。

$preset_name = get_option( 'st-data68','' );
// オリジナル ※カラーで「デフォルト」を選択した際に設定されます
$basecolor   = '#0288D1';  //一番濃い色
$maincolor   = '#039BE5';  //少し薄い色
$subcolor    = '#E1F5FE';  //とても薄い色
$accentcolor = $basecolor; //アクセント
$textcolor   = '#FFFFFF';     //テキスト
if ( $preset_name ) {
$preset_name = get_option( 'st-data68','' );
if ( $preset_name === 'red' ):
$basecolor   = '#a61919';  //一番濃い色
$maincolor   = '#c81e1e';  //少し薄い色
$subcolor    = '#fce9e9';  //とても薄い色
$accentcolor = $basecolor; //アクセント
$textcolor   = '#ffffff';     //テキスト
// 青 (ビジネス)
elseif ( $preset_name === 'blue' ):
$basecolor   = '#039BE5';  //一番濃い色
$maincolor   = '#13b0fc';  //少し薄い色
$subcolor    = '#fbfeff';  //とても薄い色
$accentcolor = $basecolor; //アクセント
$textcolor   = '#ffffff';     //テキスト
// 緑 (ナチュラル)
elseif ( $preset_name === 'green' ):
$basecolor   = '#7CB342';  //一番濃い色
$maincolor   = '#8fc25a';  //少し薄い色
$subcolor    = '#f0f7e9';  //とても薄い色
$accentcolor = $basecolor; //アクセント
$textcolor   = '#ffffff';     //テキスト
// オレンジ (元気)
elseif ( $preset_name === 'orange' ):
$basecolor   = '#febe31';  //一番濃い色
$maincolor   = '#fed271';  //少し薄い色
$subcolor    = '#fffde7';  //とても薄い色
$accentcolor = $basecolor; //アクセント
$textcolor   = '#ffffff';     //テキスト
// ピンク (可愛い)
elseif ( $preset_name === 'pink' ):
$basecolor   = '#ff548e';  //一番濃い色
$maincolor   = '#ff679b';  //少し薄い色
$subcolor    = '#fff1f5';  //とても薄い色
$accentcolor = $basecolor; //アクセント
$textcolor   = '#ffffff';     //テキスト
// グレー (ダーク)
elseif ( $preset_name === 'glay' ):
$basecolor   = '#212121';  //一番濃い色
$maincolor   = '#424242';  //少し薄い色
$subcolor    = '#FAFAFA';  //とても薄い色
$accentcolor = $basecolor; //アクセント
$textcolor   = '#ffffff';     //テキスト
endif;
}

通常時はデフォルトを選んだ場合はカラーの値は「なし」になりますが当子テーマ使用時はデフォルトのカラーも指定しておく必要があります。

※基本的に設定された項目以外はユーザーによるカラー変更はできなくなります。

各設定の上書き

汎用的な項目を予め「有効化」してありますが適宜、コメントアウトをしてオリジナルのカスタマイズをして下さい。

add_filter( 'theme_mod_st_theme_setting', function () { return ''; } ); //全体カラー設定をオフにする

「全体カラー設定をオフにする」は有効化しておかないと以下の設定が反映されません。

//add_filter( 'theme_mod_st_headbox_bgcolor', function () { return STINGER_ORIGINAL_COLOR_BASE; } ); //ヘッダー - 背景色
//add_filter( 'theme_mod_st_headbox_bgcolor_t', function () { return STINGER_ORIGINAL_COLOR_MAIN; } ); //ヘッダー - 背景色(グラデーション上部)

カラーの値は基本的に最初に決めた色が定数として保存されています。

define("STINGER_ORIGINAL_COLOR_BASE",$basecolor); //ベースカラー(濃い色)
define("STINGER_ORIGINAL_COLOR_MAIN",$maincolor); //メインカラー(少し薄い色)
define("STINGER_ORIGINAL_COLOR_SUB",$subcolor); //サブカラー(薄い色)
define("STINGER_ORIGINAL_COLOR_TEXT",$textcolor); //テキストカラー
define("STINGER_ORIGINAL_COLOR_ACCENT",$accentcolor); //アクセントカラー

なので、各カラーの値を

  • STINGER_ORIGINAL_COLOR_BASE
  • STINGER_ORIGINAL_COLOR_MAIN
  • STINGER_ORIGINAL_COLOR_SUB
  • STINGER_ORIGINAL_COLOR_TEXT
  • STINGER_ORIGINAL_COLOR_BASE

で指定して下さい。

{ return '#000'; }

などで直接カラーを設定する事もできます。

ステ子
テーマ管理同様にカラーの値以外の設定もあります

ヘッダーに直接CSSを記述

/*
ヘッダーに挿入するCSS
*/
if (!function_exists('st_head_css')) {
function st_head_css() {
$st_original_basecolor = STINGER_ORIGINAL_COLOR_BASE;
$st_original_maincolor = STINGER_ORIGINAL_COLOR_MAIN;
$st_original_subcolor = STINGER_ORIGINAL_COLOR_SUB;
$st_original_textcolor = STINGER_ORIGINAL_COLOR_TEXT;
$st_original_accentcolor = STINGER_ORIGINAL_COLOR_ACCENT;
$st_head_css = <<<EOI
<style type="text/css">  
<!-- 
.example {
border-color: {$st_original_basecolor};
}
-->  
</style>
EOI;
echo $st_head_css;
}
}
//add_action('wp_head', 'st_head_css');

上記のカラー設定の値を使用した動的なCSSの挿入をしたい場合は上記を参考にCSSを記述して下さい。

使用する場合は「//add_action('wp_head', 'st_head_css');」の「//」を外して有効化

※値によっては有効化後に一度、テーマ管理の「保存」をして頂く必要があるかもしれません。

ダウンロード

影武者は各購入会員サイトにて配布中です。

オリジナル子テーマ「Yasasii」「Beast」配布中!

当テーマを使用して作成したオリジナル子テーマ「Yasasii」「Beast」も無料公開中です。

無料配布期間は未定なのでお早目に!

詳しくはコチラ

広告が溶け込む魔法の子テーマ「JET」

大人気!

詳しく見る

便利プラグイン情報

WING WordPress プラグイン

2018/6/16

外部URLのコピペでブログカードをサムネイル付きで表示するWordPressプラグイン

URLを指定するだけでブログカード風のリンクにします。 外部のサイトも自動スクリーンショットによりサムネイル表示が可能です。 【サンプル例】 プラグインの使い方と注意事項 インストール ダウンロードした「st_card_url_file.zip」を一度だけ解凍して、中の「st-card-ex.zip」をZipファイルのままWordPressの「プラグイン」>「新規追加」よりアップロードして有効化して下さい。 テーマ設定 プラグインを有効化するとエディタに新しく「カードURL」というボタンが追加されます 任 ...

ReadMore

WING WordPress プラグイン

2018/6/16

投稿ごとに記事をバックアップ(エクスポート)できるWordPressプラグイン

シカ子あ~!前の文章の方が良かった!! ブログやアフィリエイトで反応(CVR)を見ていると、そう思うことは少なくないのではないでしょうか? ユーザーに行動を起こさせる文章はほんの少しの言い回しの変化で良くも悪くも大きく効果が変わります。そんな時に絶対に必要なのが「バックアップ」。いつでも簡単に1クリックでそれを行うことができたら、しかも「年月、時間、記事タイトル-サイト名」としてテキストファイルを残せたら凄く便利ではないでしょうか? 記事バックアップ「安心くん」はそんな想いから生まれました。 いつでも、ど ...

ReadMore

WING WordPress プラグイン

2018/6/16

記事(コンテンツ)内容を一括で置換するWordPressプラグイン

投稿画面のテキストモードの記事内容を一括置換します。gu検索フラグの正規表現にも対応。 例えばアップデートで挿入されるようになったTinyMCEAdvancedの不要なtableタグも簡単に削除でき便利です。 プラグインの使い方と注意事項 インストール ダウンロードした「st_replace_file.zip」を一度だけ解凍して、中の「st-replace-meta-box.zip」をZipファイルのままWordPressの「プラグイン」>「新規追加」よりアップロードして有効化して下さい。 専用フォームの ...

ReadMore

WING WordPress プラグイン

2018/6/16

iframe対応!SEOを配慮した遅延読込WordPressプラグイン「LasyLoadSEO」

SEOを配慮した遅延読込プラグインです。 通常のLazyLoadでは画像がスクロールされるまで表示されないため、Googleのロボットには「画像が無い」と判断されています。このプラグインでは<noscript>を付与することで遅延読込を行いつつ、画像の有無も認識させることができます。 また、iframeにも対応しているため多数のYouTube動画を貼り付けている記事などにも効果的です。 アザらんLasyLoad(遅延読込)はサイト表示速度の改善に効果があるとして人気なんだけど、Googleには ...

ReadMore

AFFINGER4 お知らせ バージョンアップ プラグイン

2017/9/23

AFFINGER4タグ管理マネージャー ver20170923アップデートのお知らせ

「AFFINGER4タグ管理マネージャー」をver20170923にアップデート致しました。ご購入済みユーザー様は無料でアップデートして頂けます。 参考AFFINGERタグ管理マネージャーについて 【主なアップデート内容】 ログ一覧で「ホスト名」が確認できるように UA(ユーザーエジェント)及びOSのother一括によるフィルタ除外の追加 ダウンロードに関する詳細は以下のページをご確認下さい。 https://on-store.net/contact/aftm-from/aftm-topics/ ※閲覧に ...

ReadMore

お知らせ バージョンアップ プラグイン

2017/9/1

「AFFINGERタグ管理マネージャー」「STINGERタグ管理プラグイン」「ABテストプラグイン」をアップデート致しました(ver20170828)

「AFFINGERタグ管理マネージャー」「STINGERタグ管理プラグイン」「ABテストプラグイン」をアップデート致しました 購入済みユーザー様のアップデート期限は平成29年9月14日までです。御注意下さいませ(商品はアップデート保証を行っておりません) ver20170828 「AFFINGERタグ管理マネージャー」「STINGERタグ管理プラグイン」 ※画像は「AFFINGERタグ管理マネージャー」 一覧の「スラッグ」のショートコード表示 IDに加えて「スラッグ」による検索の対応 他 「ABテストプラ ...

ReadMore

便利すぎるWING特製プラグインランキング

※このブログカードも「ブログカード外部URL対応プラグイン」で表示しています

第1位テンプレート管理・ランキング機能強化(クリック計測機能付き)
AFFINGERタグ管理マネージャー2(PDFマニュアル「AffiliateRUN~なぜ売れないか?」付き) - 【公式】STINGER STORE
AFFINGERタグ管理マネージャー2(好評PDFマニュアル「AffiliateRun~なぜ売れないか?」付き

使いまわしたいコードのテンプレート化、リンクの表示回数とクリック数の計測(CTR)を実現するプラグインです。AFFINGER版ではランキングを複数作成することも可能。STINGER版ではCTAデザイン

第2位テンプレート管理・ランキング機能強化(クリック計測機能なし
STINGERタグ管理プラグイン2 - 【公式】STINGER STORE
STINGERタグ管理プラグイン2

使いまわしたいコードのテンプレート化するプラグインです。AFFINGER版ではランキングを複数作成することも可能。STINGER版ではCTAデザインを作成できます。

第3位他人のサイトも簡単ブログカードリンクに!
ブログカード外部URL対応プラグイン - 【公式】STINGER STORE
ブログカード外部URL対応プラグイン

URLを指定するだけでブログカード風のリンクにします。外部のサイトも自動スクリーンショットによりサムネイル表示が可能です。

第4位たくさん画像やYouTube動画を使用したサイトにおすすめ!
LazyLoad SEO(画像・iframe遅延読み込み) - 【公式】STINGER STORE
SEOを考慮した遅延読込プラグイン「LazyLoadSEO」

SEOを配慮した遅延読込プラグインです。通常のLazyLoadでは画像がスクロールされるまで表示されないため、Googleのロボットには「画像が無い」と判断されています。このプラグインでは<noscr

第5位複数設定可能な高機能ABテストプラグイン
ABテストプラグイン - 【公式】STINGER STORE
ABテストプラグイン

作成したテンプレートやリンクをランダム(又は%指定)で表示するABテストプラグインです。「AFFINGERタグ管理マネージャー2」との併用ではCTR(クリック率)のABテストデータを取ることが出来ます

第6位「大切な記事」を1クリック保存
記事バックアップ「安心くん」 - 【公式】STINGER STORE
「記事バックアップ安心くん」

いつでも、どのタイミングでも1クリックで記事を保存します。保存前の状態も可能です。「テキストモード」のソースで保存するのでタグによる装飾も安心です。

第7位投稿内のコードを簡単に一括置換
かんたん便利「置換くん」 - 【公式】STINGER STORE
「かんたん便利!置換くん」

投稿画面のテキストモードの記事内容を一括置換します。gu検索フラグの正規表現にも対応。例えばアップデートで挿入されるようになったTinyMCEAdvancedの不要なtableタグも簡単に削除でき便利

第8位カスタマイズが豊富!「ほぼ無限」の会話アイコン作成
会話ふきだしプラグイン - 【公式】STINGER STORE
会話吹き出しプラグイン

ご確認下さい 本プラグインはWordPressテーマ「STINGER PRO」「AFFINGER4」 ...

第9位外注管理におすすめ!メッセージのやりとりや管理画面カスタマイズに
CHAIN - 【公式】STINGER STORE
CHAIN - 【公式】STINGER STORE

メッセージの通知・投稿画面のカスタマイズできるWordPressプラグイン 投稿者・寄稿者権限で外注 ...

第10位サイトの複数作成に便利な「テーマ管理」バックアップ
データ引継ぎプラグイン - 【公式】STINGER STORE
データ引継ぎプラグイン - 【公式】STINGER STORE

2018年8月31日まで!2,980円→1,980円 データ引継ぎプラグインはWordPressテー ...

-お知らせ

Copyright© AFFINGER(WING) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.